家庭の食中毒〜発熱・腹痛に要注意〜 

腹痛改善快腹講座

安全な食卓なくして食育なし。家庭の調理で食中毒を防ぐ方法からスーパーや飲食店のチェックまで食中毒対策スーパーガイド

サイトマップ

食中毒を起こす菌とその予防法

サルモネラ菌
サルモネラ菌は食肉・卵などの畜産食品をはじめ多種類の食品を汚染します。市販食肉では鶏肉の汚染が最も高く、次いで豚肉、牛肉の順になります。いずれの肉でもミンチ肉は汚染率・・・

黄色ブドウ球菌
黄色ブドウ球菌は常在菌で、誰もが持っているものです。特に傷や膿のある場所に多く集まります。ですから、食品に触れる手に傷があるとき、菌のある素手で食品を扱うとき・・・

腸炎ビブリオ菌
近海ものの魚介類、特にエラや腸、鱗などに潜んでいて、何かの拍子に刺身などに付着します。そしてそれが増殖すると人に危害を加えます。他の菌の倍の速度で増殖し、そして時間・・・

腸管出血性大腸菌(O-157,O-26など)
国内でO−157の感染事例の原因食品等であると特定または推定されたものには、井戸水、牛肉、牛レバ刺し、ハンバーグ、牛角切りステーキ、牛タタキ、ローストビーフ、サラダ、カイワレ大根・・・

ボツリヌス菌
ボツリヌス菌は、缶詰、瓶詰、真空パック、レトルト食品などの空気がないところに潜伏しています。いずし、芥子レンコンなどが原因となった事故が多く見られます。猛毒であり、死亡率・・・

カンピロバクター菌(ジェジュニ,コリ)
主な感染源は生の鶏肉や牛肉です。生乳などの畜産品が感染源となったこともあります。飲料水から見つかった例もあります。特に鶏肉からの感染が多いので、調理の際に生の鶏肉・・・

セレウス菌
土壌や汚水など自然界に多く存在する菌で、米や小麦などの農作物を原料とする食品からの感染が主になります。食品中で増殖した菌が生産する毒素を大量に摂取して発症する嘔吐型・・・

ウエルシュ菌
原因となるのは肉類や魚介類を使ったたんぱく食品です。この細菌は熱に強い芽胞をつくるため、高温でも死滅せず生き残ります。ですから加熱した食品は安全だという考えが食中毒・・・

エルシニア菌
エルシニア菌は、食肉、ミルクおよびペット動物が感染源となります。この細菌は5℃以下でも発育、増殖できる低温細菌なので、冷蔵庫内の食品中でも増殖します。豚、犬、猫などの腸管内・・・

リステリア菌
妊婦(胎児)、乳幼児、高齢者などの免疫力の低下した人が発症しやすく、死亡率も高いので、このような人は汚染の危険性が高い食品の飲食を避けるなどの注意が必要です。生野菜・・・

ノロウイルス(小型球形ウイルス)
ノロウイルスは食品内で増殖しません。患者の腸内で増殖し、便に排出されます。下水から河川へ、そして海へと流れ、牡蠣などの二枚貝の内臓に蓄積されます。ノロウイルスが付着・・・

貝毒
毒化した貝を食べた場合に中毒症状を起こします。麻痺、下痢、神経症状、記憶喪失などを引き起こし、貝毒の種類によって口唇、舌、顔面、手足のしびれが起こることもあります・・・

医者に頼らない生き方 冷え性を改善する35の方法
食中毒の現状
食の安全は人類の願い
食中毒・食あたりの原因を知る
キッチンで守る
家庭料理を美味しい+安全安心にする
冷蔵庫・冷凍庫にしまう
危ない飲食店を見抜く
不安なスーパーをチェック
商品の表示を見極める
食中毒を起こす菌とその予防法
サルモネラ菌
黄色ブドウ球菌
腸炎ビブリオ菌
腸管出血性大腸菌(O-157,O-26など)
ボツリヌス菌
カンピロバクター菌(ジェジュニ,コリ)
セレウス菌
ウエルシュ菌
エルシニア菌
リステリア菌
ノロウイルス(小型球形ウイルス)
貝毒
リンク集

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
ドル 金利









































家庭の食中毒〜発熱・腹痛に要注意〜 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。